小規模工事照会兼立会依頼について

「Safety First : 安全第一」 路上工事においても最優先事項です。

 

 工事関係者の皆さまにおかれても、日頃から全ての「安全」に対し、充分に注意されていると思います。道路には各企業等の占用物件が多く埋設され、毎日どこかで工事が行われています。このような状況で、施工者が行う必要がある「工事照会」及び「立会要請」がされないことに起因して事故が発生しているケースが数多くあります。

 工事で発生する事故を防止するために「建設工事公衆災害防止対策要綱[土木工事編]」では、埋設物の確認や保安上の措置について定めており、起業者(施工者)は「工事照会」及び「立会要請」を行うことにより、埋設企業者から図面等資料の提示や立会を受けることとなっています。

 各埋設企業で構成されている「道路占用工事企業者連絡協議会」では、埋設物損傷事故の防止を図ることを目的に、小規模工事については「工事照会」及び「立会要請」をFAXで受付する方法を採用しています。(※小規模工事に限定)

 是非、この主旨をご理解いただき、工事の施工に必要な「工事照会」と「立会要請」を漏れなく依頼され、事故防止に努めていただくようよろしくお願いいたします。

工事照会兼立会依頼[小規模用](H29.3改訂)